前へ
次へ

交通事故で接骨院に行く場合

交通事故の被害者になった場合には、首の関節を痛めている可能性もあります。場合によっては、骨が折れていることもあるかもしれません。救急車で運ばれた場合には、まず救急病院に行きますが、その後接骨院に切り替えても良いでしょう。接骨院では、関節の治療や骨の治療などを積極的に行ってくれます。レントゲンがあるところも多く、骨がどのような状態になっているかを判断することも可能です。この場合には、長期的に通うことが必要です。1回や2回通っただけでも、変化があるわけではないため、数ヶ月通い続けることが重要になります。骨の場合には、複雑骨折でない限り1ヵ月半位は通いたいところです。この場合、保険が適用されることがありますので、事前によく確認をしておきたいところです。もし保険が適用される場合には、国が7割負担をしてくれることになるため、3割ほどの治療費で良くなります。緊急性がある場合や事故の状態によっては保険が適用されることが多いため、その分無駄な出費を減らすことができます。

Page Top